「」の中に可能性の文字を入れよう出張編

カクヨムという小説投稿サイトで投稿者デビューした賑やかし君のあれこれです

ホムンクルス系女子のススメ

 昔はことさらに男性と女性の違いを意識してしまって壁を作っていたようなところがありますが、身体的なところはともかくとして、精神的な部分は案外そんなに差はないんじゃないか、というような思いがあります。


 女の子だってえちえちなことに興味があっていい。
 それを素直に表明していい。
 そのための環境は少しずつできてきてる、というように感じています。

 

 それとは正反対に見える反応もほうぼうから観測できますけど……
 多くの方は恥ずかしさと社会性を守ろうとする意識が勝ってるから言わないだけで、an・anのその手の特集だとかを読んでいるんですよ。


 少なくとも性に対するタブー感は少しずつ薄れてきている。
 私はそれをいい傾向だと捉えています。

 

 

 最近発表されている創作系作品には女性が性に対してオープンに叫ぶことに対する肯定感にあふれた作品が多い気がしています。 


 性に興味津々すぎる女子を主人公にした『変女』や、現在アニメ化している『可愛ければ変態でも好きになってくれますか?』など、女性と性をめぐるオープンな雰囲気が少しずつ醸成されてきている感じがあります。


 もっとも、お前がそういうの好きだからバイアスがかかってるんだよ、と言われればそれまでかもしれませんけど!

 

 女性のキャラクターに性に関することを語らせることに書き手も受け手もだんだん抵抗感がなくなってきているのかもしれません。
 だけどけして性に対して放縦であることが許容されている、というわけではなく、あくまでも主人公などの意中の存在に対して一途であることが暗黙のうちに期待されている空気は感じますけど。


 
 さて。
 ここまでは前提のお話で、本筋ではありません。
 私がこたびの更新で申し上げたいことは、その後についてです。
 そうした性に対してオープンな「変態」チックなキャラクターが登場する作品が出てきたあとどういったムーブメントが続くのか、というか続いてほしいのかという部分です。
 
 そこで私が今後本格的に出てきてほしいのが、ホムンクルス系女子、と私が勝手に命名しているヒロイン像です。
 
 ホムンクルスといえば、一般には錬金術の果てに生成されるヒトに似た架空の生き物のことですけど、ここで触れるのはそっちではなく、一部ではものすごく名が知れた方のほうです。そうです、マンガ家のホムンクルス先生です。
 
 ホムンクルス先生の描かれるヒロインに一定数存在するところの……


 根は真面目な女の子なんだけどえちえちなことに興味があるし、実際にそのような機会を得てしまえば我を忘れるほど熱中しちゃって、そのあと後悔して謝り倒したり「ちがうの!」と言い訳をはじめたり……

 

 そんな子がね、私はとても好きなんです。
 お前の趣味か。ええそうです私の趣味です。性的嗜好です。
 
 性に対してオープンな変態的ヒロイン、といった現在少しずつ出てきてる一般向けマンガやライトノベルのムーブメントの一歩先は、えちえちな分野では数年前からあったホムンクルス先生のヒロイン像が流行するのでは? という見立てをしています。

 

 ……というのが今回の趣旨です。
 というかこれは9割9分くらい自分の願望ですね。
 
 具体的にどのようなヒロイン像なのか実際にマンガを見ていただくのがいちばん早いのでしょうけど、画像で張るのもどうかと思いますしその手のサイトのリンクをつけるのはこのブログの規約的に可能なのかわからないので、とりあえず『はじらいブレイク』『レンアイサンプル』の2冊を挙げます。
 ご興味のある方は実際に確認してみてください。 
 


 要するにわたくしがここで云うホムンクルス系女子とは
 
・性格的には真面目で、普段の雰囲気からは性的なことを考えているとは思えない
・でも実際には人並みにえちえちなことに興味があり
・いざコトがはじまれば我を忘れるほど溺れちゃって
・終わったあとに恥ずかしさと後悔で落ち込んだり取り乱しちゃう
・そのような普段の姿と欲求のストレートさのギャップがたまらない!

 

 というような女の子キャラクターのことですね。 
 うん、深夜のテンションだね。朝起きたら赤面するといいよ。 
 
 実際にコトに及ばずともそういった妄想で恥ずかしがっちゃう、とかマイルドに落とし込めば一般向けでも流行するはずだと信じております。
 


 最後に。
 普段はなるべく取り繕っておりますが私はえちえちなコミックが大好きです。
 あまりこのような話をする機会がなくてお話してないだけで。


 え? 


 いやですねぇわたくしは健全ですよ。誰がなんと言おうと健全なんですよ。

新連載2つ

 ご無沙汰しております。

 4カ月あまりほぼ何も動いてない時期があったんですね……

 ちょっと夏の間はマジでお仕事で疲れ切ってました。

 

 はてブに戻ってくる時はたいてい新連載があるときです。

 カクヨムさんで新連載はじめました。

 

 

kakuyomu.jp

 

 こちらは少し前に見たえちえちな夢を元に設定を調整して書き上げたものです。

 致死性のウイルスの蔓延を阻止するため男女が壁を隔てて暮らしている近未来日本で、思春期の少年少女がわきあがる欲求にこらえながら性徴……もとい成長するお話……となるかはよくわかりません。

 

 極限状況に追い込むためにウイルスとか怪しげな研究機関とか謎の敵対勢力とか色々と設定を考えてますけど、あくまでそれは添え物として、とにかくえちえちになるよう追求していきたいです。

 

 この手の物語を書くのは二次創作と短編でしかやったことがないのですが、実は私の適性は大マジな話よりもえちえちな話のほうなんですよね、明らかに。

 

 

 しかしラブコメのランキングを見ていると、はやりのタイトルの付け方とかなり異なっている……これはなんというかセンスなんでしょうかね……

 

 「◯◯が◯◯する話」、とか「オレが◯◯すぎて◯◯なんだが」的なタイトルが今は惹き付けやすいのはわかるんですけどね……どうにかそうでない方式で物語を簡潔に説明できるタイトルにできないか、とさまざまに考えた結果こちらに落ち着きました。

 

 

 もうひとつ、実はLINEノベルさんでも新連載してます。

 https://novel.line.me/r/general/novel/7261

 『夏に氷河の雫を フローズンエッジ』ってやつなんですけどね。

 今開催しているコンテストに向けた作品なのですが、完全に間に合わないことが確定しているので特に告知もなにもしてなかったらPVが1とかなの笑うしかないです(

 

 ロスジェネの問題を扱ってます。

 就職氷河期って言葉がありますけど、本当に体感的に凍えるほど気候に影響を与えるようになったらどうなるだろう、という単純な思いつきではじめてみました。

 みずからの命と引換えに周囲を凍えさせる能力を手に入れたロスジェネ世代の人々がさまざまな勢力の思惑に利用され翻弄されていくのを自己犠牲型の女性主人公がなんとか救済していこうともがくという趣旨のお話です。

 

 なんかえちえちなヤツと温度差ありますね?

 

 LINEノベルさんはアプリをダウンロードしていただかないと読めないのでカクヨムさんよりお手間を取らせることにはなるんですが、ご興味のある方はぜひ。

 

 

 最近の私は、文章力とかを気にするよりはとにかく話として面白いか、設定として新規さがあるか、というところに最も気を遣っているつもりです。

 新人に求められているのはそういうところだと思うので。

 

 

 5回目のカクヨムコンについての発表がちょうどさっきあったばかりなんですが、正直それ向けには何も考えてなかったんですよね……

 今連載はじめたやつとかを持っていくとかでいいかなあ……

 毎回無理に新連載はじめて間に合わないのでそのくらいのユルさでいきますかね

 

 にしてもコイツこれだけ遅いと仮にプロになれたとしてゼッタイやってけないだろ、ってなる……ここは本当に悪いところなのでどうにかしないといけないですね……

新時代なので。

 令和になりましたね。おめでたいです。

 というわけでいつかぶりにブログ更新です。

 

 新連載を2つはじめました。といってもさっそく更新が止まっててすみませんがちゃんと再開しますよ……

kakuyomu.jp


  

 こちらはカクヨムコンテストに投稿するつもりで時間がなく挫折した作品です。

 絶望ではなく希望を、と来るべき新時代に斬新な救済ビジョンを描きたくて温めてきました。フィクションっぽくしながらも、ありえるかもしれない新時代の理想と、それを阻もうとする人たちの葛藤をちゃんと対比できたらと思います。

 私が作品を発表する時は本気で創作の流行を自分が作る、くらいの意気込みでやってます。今までは成功したとは言い難いですが、捲土重来を期したいと思ってます。

 

 もうひとつ。

  

kakuyomu.jp

 

 こちらは傀儡にさせられるなどの理由で本来の力が史実では発揮できなかった中国の皇帝たちが異世界でやり直そうと覇権争いをする、という内容です。

 Twitterでもちょっとつぶやいたのですが、新時代の令和は人文系の教養が復権する時代だという確信があります。Web小説だとストレスのある内容だったり難しい内容はウケない、と言われていますがFGOなどの受容を考えれば決してそんなことはないと思っています。

 それは単に今までそんなWeb小説が世に知られていないだけで、誰もWebで探そうとしてないから見出されていないにすぎず、むしろそちらのほうが求められているはずだという思いがあります。

 

 たぶんみなさん教養と、真実に飢えているはずなんですよ。

 この時代を照らしてくれる新しいものに。

 

 異世界ファンタジーに乗っかる形にはなりますが、少しでも「読者が求めていたまだ見ぬコンテンツ」とさせるべく頑張りたい。

 

 それ以外にも連載がストップしている『Vの者』小説や、書店員小説なども再開したいです。

 

 それと、LINEノベルの令和小説大賞に向けた新作の構想もひそかに練っています。

 まだ骨組みが少し定まってきたかな、という程度の進捗ですが……

 平成という時代に取り残された人たちの絶望を令和の時代ではどうするか、といった問題について、エンタメに振りつつ提起していくものにしたいです。

 

 あとは……そうですね。

 ひそかにもうひとつ。最近なろうさんでも異世界よりもラブコメ勢力が強くなりつつあるということで、一風変わったラブコメを投入してみようかなと思ってます。

 や、なろうさんにではなくカクヨムにですけど……

 これも1年か2年温めている企画なのですが……ようやく方向性が決まりそうなのである程度分量が描けてきた時点で投下します。

 

 今まではちょっと無計画に書いて即更新しすぎでした。

 だからちょっと詰まるとすぐエタっちゃうのですよね。

 その反省から、どの作品でもそうですけどある程度水面下で固めて書いてから数日間連続でアップしていく、という繰り返しで更新していこうと思ってます。

 

 

 小説以外のトピックですが……

 昔やっていた趣味をこっそり再開しています。

 

 書籍化という段階でマイナスの評価になってしまうかな……と今までは及び腰になっていましたが……

 投げ銭という文化が根付きそうな情勢だったり昨今の流行だとかを見るに、度を越しすぎなければ許されるんじゃないか……という希望的観測のもと、状況を見ながら、徐々にオープンにしていこうと思います。

 今はまだその時期じゃないと思ってますが……色々な準備ができたら。

 

 というわけで。令和という新時代に合わせ、私ももっと自分をありのままアピールしようと思っています。

 

 亀のような歩みですが、少しずつ前に進みたいと思ってますのでどうかよろしくお願いします。

 

 あ、忘れてました。noteもはじめました。過去のエッセイなどを移植しただけですが将来的には突発的なコラムも書いていきたいです。

note.mu

Be an electroNiC Singer!!連載開始

 真夜中にこんばんは。

 小説投稿サイト・カクヨムさんで毎年1回行われる小説コンテストが今年も開幕しました。

 

 一応毎回参加しております。といっても前回はかなり不真面目でしたが。

 今回は心機一転、かなり真面目に参加しようと思います。

 といっても年末年始忙しいので普通に8連勤とか入ってるわけですけど(ゲッソリ

 

 まずは1作めとして、『Be an electroNic Singer!!』という小説をアップしました。

 といっても今はまだ文字数少なめですけど……

 

kakuyomu.jp

 

 どんなお話かと言いますと、3DCGなどのバーチャルな身体を使って動画投稿サイト『NewWave』で動画やライブ配信をする『バーチャルNewWaver』に憧れる少年が、美少女の声と身体(CG)を手に入れて歌手を目指す、という内容です。

 

 2018年、バーチャルYouTuberと呼ばれる存在が非常に大きな話題を呼びました。

 大部分は女性の配信者なのですが、一部の方々は男性でもボイスチェンジャーを使って美少女の声と身体を手にする俗称『バ美肉』(バーチャル美少女受肉)という手法を取って人気を博しています。

 

 ひょっとしたら「美少女になりたい」と思ってる人ってけっこう多いんじゃないかな、ならばこういう話は多くの人に「届く」んじゃないか……? という予想から始めたのがこちらの作品です。

 

 かわいい所作に憧れる。

 カラオケで女性の声で歌いたい。

 現実と違う自分になってみたい。

 

 このような思いを持っている人に届くように書いていきたい。

 なお「ラブコメ」カテゴリーにしてありますが、主人公は憧れの人と会うことができるんでしょうか? そのあたりはけっこうセンシティブなところなので、どのような感じでラブコメするのか、といったところにも着目していただければと思います。

短編ふたつ

 お久しぶりです。ブログ更新です。

 忘れてはいないんですよ! 

 ただどうにもあれやこれやと手を伸ばしてますと……ね……

 つらみにウム

 

 短編をふたつ完結させました。

 本日の8時過ぎに完結するよう予約投稿してあります。

 

kakuyomu.jp

 

 ミュージックビデオの原作にする小説を仕立ててください、というコンテストがありまして、それに乗っかってみたという感じです。

 記憶喪失、神話、アナグラム……これらの要素を、直近で読んでいた『啓蒙の弁証法』という本に触発されつつ組み合わせ、背伸びしたい歳頃の少年少女に向けて書いてみたつもりです。

 

 おそらく発想としては記憶喪失……という部分だけでは正直ほかの方とかぶりまくるし、何かしらで驚いていただけるような仕掛けが欲しい……というところで考えて行き着いたのが「アナグラム」。

 

 お題となるキャラクターはメル・アイヴィーという名前なんですが、コンテストを開催した方々がこの名前に創作上の仕掛けをしていた……とするならば、私ならこう読み取るかな、と。

 ほかの方と差をつけるとすればここの部分の発想しかない、という確信に近い思いでもって臨みました。

 

 あと百合です。ここ大事。

 

 基本的に私の書くものは背伸びしたい10代~20代くらいに読んで欲しい、という気持ちで書いているものが多いです。

 前回の『テラー~』にしてもそうですけども。

 うまくいってるかはわかりませんが……

 お読みくださいますとさいわいです。

 

 

 もうひとつ、こちらも完結させました。

 

kakuyomu.jp

 卑弥呼より前に歴史書に現れる日本人とされる「倭国王帥升」とは何者なのか――?

 という歴史でもツッコんだ議論がなされづらい部分を、架空の村と説をもとに解き明かしていく――という短編となっております。

 民俗学をテーマとした短編コンテストに出したのですが……正直今冷静に見直してみますとカテゴリーエラー感がありますね……(

 

 気をつけたのは、荒唐無稽さです。

 それっぽいことを語ってるように見えるかもしれませんしもうそうならば思惑通りなのですが……それはそれとして、歴史としての整合性とかを考えた時に、なるべく「あからさまな嘘、フィクションである」というのが見えやすいように仕立てたつもりです。

 これは私淑している作家さんの創作姿勢にならったもので、学問として追求されている真実性と突き合わせて矛盾点を極限まで減らし、なるべくそのまま記述しよう、という態度はあらかじめ放棄しました。

 なまじ同じ題材を扱っている人が少ないぶん、変に歴史小説をほんとうの歴史と混同されないよう、フィクションをフィクションとして楽しんでいただこう、というところに徹しようと。

 

 昔は歴史を扱うんだから極限まで真実に近くあるべきだ、と思ったこともありますし、そうした姿勢にある種の憧れがあるのも事実ですけどね。

 

 

 さて、これからですけど……

 次のカクヨムコンテストに参加するべく調整しているところです。

 

 実は公開するお話を11月中旬くらいに急遽変更し完全にイチからストーリーを考えているのですが……これが吉と出るか凶となるか、ですね。

 

 

 ここを読んでいる方は少ない(データでは1ヶ月訪問者ゼロ)でしょうからあらかじめ内容を言っておきますと、バーチャルY◯uTuberを題材にしたものです。

 いや、もちろん名称は変えますけど。

 

 実は以前にも「歴史系動画配信者」を主人公にしたコメディを投稿していた(現在は削除)のですが、それをある程度ベースにしつつもまったく違った切り口から攻めてみようと思ってます。

 

 はいはいバーチャルY◯uTuber流行ってますね、安易に流行に乗るなよ食傷気味なんだよ、という声も聞こえてきそうですが……

 ブームを追ってて、こうした思いを抱いている人もいるんじゃないか、こういう方向を本気でめざす人も出てきていいんじゃないか――? という思いを胸に、ちょっとほかとはひと味違うものを用意したいな、と思ってます。

 

 ある種の人にとっては救いとなるような内容を目指して、さまざまな設定も考えているんですけど、正直それいる?って部分まで考えているので、どうかご期待ください。

こっそり始動しております。

 お久しぶりです。

 ……といってもこのブログまで見てくださってる方はそう多くないとは思いますが…… 

 

 私がコミットしておりましたカクヨムさんのコンテストに向けて連載をはじめた……はいいものの途中で止まっていた作品である『テラーの少女と輪転機』(改題前・テラーの輪転機)を完結させました。

 本日の8時過ぎに更新があるはずです。

 

kakuyomu.jp

 

 さてこの作品、何がしたかったかと言いますと……

 

 某科学ADVのカオスなほうのお話に異世界要素をミックスしたような感じです。

 拡張現実の力で剣を出すことができたりするところや、その力を「グラジオラス」などと名付けていたり……なんかは非常にわかりやすいのではないでしょうか。

 

 後半のどんでん返しで驚かせたかった……のですけど、そのどんでん返しにいくまでに力尽きたと言いますか……

 

 その他の点でも、南洋風の異世界という部分もそうですし、あれこれと練っていた設定があったんですけど、もっと出したほうがよかったかなあ……という思いも強く、そのような意味ではやや悔いもあります。

 

 ただ、やっぱり完結させていない作品をずっと放置していることで、なんというか、ずっとモヤモヤとしたものが残ってしまっておりました。

 これで少し肩の荷が降りた……というのが正直な気持ちですね。

 

 コンテスト1回めの作品も、完結から後半を大きくリニューアルしたりしましたし、もし完全なものにしたくなったらまたいじることもあるでしょう。

 

 

 さて今後の予定ですが……

 これもまた放置状態になっているこちら↓

kakuyomu.jp

 

 こちらを完結までもっていきたいと思います。

 話の流れはできているので、今の調子で今月上旬まで駆け抜けていきたいです。

 

 それと、書店員を題材にしたアニメが放送されているこの機を逃してなるものか、ということで、ある連載も活発化したいと思っております。

 実はすでにこっそり動かしていたりもするのですが……

 

 カクヨムさんの新コンテストに向けた準備もひそかに進めています。

 すべてを同時進行でこなそうと思うとまた以前みたいにパンクしてしまいかねませんけど……

 

 余裕がありましたら、今回完結させた『テラー~』のスピンアウト的なものといいますか、一度お出ししていたものを再開したいとも思っております。

 

 パンクしないためにはとにかく楽しく、書きやすいものから書いていくことかなあ……と。

 それまでのコンテスト作はちょっと背伸びしすぎてしまったような気がするので、私らしく、そしてカクヨムさんを利用する前から私のことを知っている方々にウケるものをお出しすることに務めてまいりたいと思っております。

 

 これまでの作風とはおそらくかなり変わると思いますが、これも私の一面だと思って受け止めてくださればさいわいです。

 

 昔から私を知ってくださっている方々はカクヨムさんに登録していらっしゃらない方が大多数です。書店員エッセイ時代に応援してくださった方もいらっしゃいますけど。彼らはある意味非常にニュートラルに判断してくださいます。

 

 彼らから、心の底からのオーガニックな「面白い!」という感情を引き出せられれば、市場の流通にも堪えうる作品となる。

 ……はず……。

 

 なので、まずは私のことを知ってくださっている方に面白いと思ってもらえる作品づくりを目指します。

 

 

 今からちょうど1ヶ月後でしょうか。

 カクヨムさんで新しいコンテストがはじまります。

 その少し前までにある程度形にしたものを公開していけたらと思っております。

 

 あ、まったくの余談ですが。

 実はペンネームを変えて完全ステルスで『NOVEL DAYS』さんにも投稿してやろうか……と思ったりもしたのですが、そんな余裕はおそらくないだろうということで。

 とりあえず私はカクヨムさん一本でしばらくやっていくつもりです。

 

 『原初の~』の完結、ないし別の連載を動かした時にまた更新します。

 それでは、またその時まで。

ブログが完全に宝の持ち腐れになっとるやないかー

 お久しぶりです。

  小説投稿サイトにこれ以上コミットすることに意味はあるんだろうか?

 といったようなことばかり考える日々で正直最近限界を感じてましたが、なんとかやる気を少しずつ取り戻しつつあります。

 

 まあろくに告知をしてなかったせいなんでしょうけど、ずっとPV0地獄に沈んでいた、というか今も沈んでる最中の作品を完結させてきました。

 

kakuyomu.jp

 

 バトルシーン超多めのロボット小説です。

 2時間の劇場版アニメ映画を、全シーンそのまま字にして写し取る――というイメージのもと制作しました。

 カクヨムさんがオープンするに合わせて公開したものです。改題してますけど。

 一度は完結させたんですけど、実のところその時のものは「打ち切りエンド」用に考えていたシナリオでありまして。どうしても納得いってなかったので、ほぼ初期案に沿った形で物語の後半あたりを完全新規で書き直しました。流用したセリフや描写なんかもないだろうと思います。

 

 しかし元がカクヨムオープン初期からあった小説、しかも完結してたものの続きですから、PVで言うとかなり苦戦しました。

 

 

f:id:Kei_Kominato:20180827044734p:plain

 

 カクヨムさんのオープン当初もかなり苦戦しましたがこれだけPV0が並んだのはさすがに初めてでした。正直かなり「くる」ものがありましたね。

 書店員エッセイは今でも毎日読んでくださる人がいらっしゃることを考えますと……ね……

 

 どうしたらみなさんにお読みいただけて、かつ面白いと思っていただける作品が書けるようになるのか。

 今このブログを更新していましても答えは出ないと言いますか、完全に自信喪失中なんですけど……とりあえずはもう少し小説投稿サイトにコミットし直そうと思います。

 

 私は、みなさんに「こんなの見たことない!」と言わせたくて書いてるところがあります。まだ誰も見たことのない、まったく新しいものを提示していきたいと思ってます。できてるかどうかは別として。

 パイオニアになりたい、と言い換えてもいいかもしれませんね。承認欲求のわかりやすい発露なんだと思います。

 

 もっともっと苦悩して自分なりの形を作っていきたいです。